講座レポート - 超簡単!ホームページ制作講座|茅ヶ崎TMO・茅ヶ崎商工会議所

自分で出来る商売繁盛ホームページ制作 by 茅ヶ崎TMO・茅ヶ崎商工会議所
HP_rogo.gif

HOME > 講座レポート



講座報告書PDF版 822KB(右クリックで保存)

著:講師 小菅康浩(2013年10月) 発行:茅ヶ崎TMO
※二時配布を禁止します

自分で作る魅力あるホームページで商売の活性化を(茅ヶ崎商工会議所ニュース)

NCM_0309.JPGNCM_0502.JPG当所では、8月29日から全5回にわたり『超簡単!ホームページ制作講座』を開催した。専門的な知識が無くても簡単に更新できる「みんなのビジネスオンライン」の仕組みを利用してホームページを作る講座で、当日は21名の受講者が集まった。
最近は、大企業だけでなく中小企業も自社ホームページを持つことが当たり前になってきている。しかし、事業者が自分で作れないため更新が滞ってしまうことや、立ち上げたものの効果を生むような運営ができていないなどの課題も数多くあり、今回の講座では「自分でつくるホームページ」「お客様の心をつかむホームページ」などを主題に据えて、ホームページ活用の基本を学んだ。
事業におけるホームページは、ただ開設すれば効果が出るというものではなく、何のために作るのか、そのためにどのような工夫が必要か検討する必要がある。デザインや技術的に優れたホームページが、良いホーム―ページか、一概にそれだけでは評価できない。ホームページの目的は「商品を売る」「来店促進」「問合せ」など商売繁盛につなげることである。魅力あるホームページにするためには、ターゲット顧客を明らかにし、求められているニーズに対して的確な情報を提供することである。例えばお客様はホームページのトップ画面を3秒で判断すると言われている。一目でわかる写真・キャッチコピー・強みなど自社の魅力を短時間で伝えることが重要だ。また、インターネット上のお客様は不安を抱いていることが多く、これらを安心させるような紹介方法や、関心のある情報をたどると問合せや購入といったページにたどり着くことができる導線の整備も重要である。
出来上がったホームページを見てもらうためには、検索・誘導によって閲覧してもらわなければならない。Yahoo!やGoogleといった一般的な検索エンジンで上位に表示されるSEO対策(検索エンジン対策)が必要なのはこのためで、自社ホームページを登録するだけでなく、キーワードやタイトル、紹介文などに自社の強みであるワードを盛り込み、より検索してもらいやすくする必要がある。また、地図情報やソーシャルメディアからの誘導も効果的で、ネット上の口コミを増やすことでお客様がお客様を呼ぶサイクルが生まれ、訪問者が増加します。これらはアクセス解析ツールなどをつかうことで、どのような検索ワードでヒットしているか、どこのサイトを経由して閲覧されているか、大まかな地域や性別などもわかります。このデータを活用すればより効果的なホームページ運用が可能となります。
参加者は、5日間の講座でこれらのことを学び、グループワークを通じて中華料理店のサンプルサイトを作り上げた。参加者からは「ホームページ作成のポイントが理解できた」「グループワークで実践することができて大変参考になった」「グループごとに講師がついてくれたので、とてもわかりやすく内容の濃い講座だった」「他の参加者と交流することもできて、ホームページだけでなく良い刺激になった」などの感想が寄せられた。また、実際に講座を受けて自社ホームページを立ち上げた受講者もあり、さらなる成果を求め、当所の制度を活用し個別の支援を受ける受講者もあった。

なお、11月25日からは姉妹講座である「超実践!ITフル活用塾」の開催を予定している。フェイスブックやLineなどソーシャルメディアやタブレットをビジネスに活用したいといった方向けの講座で、例年、大きな反響が寄せられている。お申込・お問合せは当所内「茅ヶ崎TMO事務局へ(電話58‐1111)」

また、ホームページ活用に関する支援事業もあります。専門家から自社ホームページについてのアドバイスが欲しい、より効果のあるIT活用を行いたいといった事業者の皆さま、詳しくは当所中小企業相談所へお問合せください(電話58‐1111)

講座運営チーム

【講師】ITコーディネーターチーム Free+1/FB
湘南アイティケア/FB
★小菅康浩(Tw/FB/G+/blog)
講座プロデュース、講義進行、テキスト作成、開催チラシ作成・WEB サイト作成、講座レポート作成

有限会社情報経営コンサルティング/FB
★江口誠四郎(Tw/FB/blog)
講座プロデュース、グループワーク進行、講座アシスタント

鹿毛コンサルティングオフィス
★鹿毛公(FB)
グループワーク進行、講座アシスタント

佐々木ITコーディネートオフィス
★佐々木裕一(FB/blog)
グループワーク進行、講座アシスタント


【デザイン】ななはちグラフィック/FB
★七尾 圭(Tw/FB/blog)
開催チラシデザイン、WEBキャラクターデザイン

【印刷】株式会社大成企画


【事務局】
茅ヶ崎TMO事務局
茅ヶ崎商工会議所/FB
担当:山上(Tw/FB)・ 深田(Tw/FB/G+/blog)・渡邊(Tw/FB)
〒253-0044 茅ヶ崎市新栄町 13-29
電話 0467-58-1111 FAX 0467-86-6601






講座報告書PDF版 862KB(右クリックで保存)

著:講師 小菅康浩(2012年10月) 発行:茅ヶ崎TMO
※二時配布を禁止します

魅力あるホームページで売上アップ(茅ヶ崎商工会議所ニュースH24.10月号)

koza.jpg 当所では、8月21日から全5回にわたり『超簡単!ホームページ制作講座』を開催した。専門的な知識が無くても簡単に更新できる「みんなのビジネスオンライン」の仕組みを利用してホームページを作るもの。当日は定員を上回る28名の申込があり関心の高さがうかがえた。
 最近は、大企業だけでなく多くの中小企業が自社ホームページを持つようになっている。しかし、自分で作れないため更新が滞ってしまうとか、効果を生むような運営ができていないなどの課題も数多くあり、今回の講座では「自分でつくるホームページ」「お客様の心をつかむホームページ」などを主題に据えて、ホームページ活用の基本を内容とした。
 事業におけるホームページは、ただ開設すれば効果が出るというものではなく、何のために作るのか、そのためにどのような工夫が必要か検討する必要がある。デザインや技術的に優れたホームページが、良いホームページかそれだけでは評価できない。ホームページの目的は「商品を売る」「来店促進」「問合せ」など商売繁盛につなげることである。魅力あるホームページにするためには、ターゲット顧客を明らかにし、求められているニーズに対して的確な情報を提供することである。お客様はホームページを七秒で判断すると言われている。一目でわかる写真・キャッチコピー・強みなど自社の魅力を短時間で伝えることが重要である。
 参加者は、五日間の講座でこれらのことを学び、グループワークでは洋菓子店のサンプルサイトを作り上げた。参加者からは「ホームページ作成のポイントが理解できた」「グループワークで実践することができて大変参考になった」「グループごとに講師がついてくれたので、とてもわかりやすく内容の濃い講座だった」「他の参加者と交流することもできて、ホームページだけでなく良い刺激になった」などの感想が寄せられた。
 なお、10月23日からは姉妹講座である「ソーシャルメディア超入門講座」の開催を予定している。話題のフェイスブックなどソーシャルメディアを商売に活用したいといった方向けの入門講座で、昨年も大きな反響があった。お申込・お問合せは当所へ(電話58‐1111)

ソーシャルメディア超入門講座
http://www.chigasaki-style.jp/beginner_seminar/

講座運営チーム

【講師】ITコーディネーターチーム Free+1/FB
湘南アイティケア/FB
★小菅康浩(Tw/FB/G+/blog)
講座プロデュース、講義進行、テキスト作成、開催チラシ作成・WEB サイト作成、講座レポート作成

有限会社情報経営コンサルティング/FB
★江口誠四郎(Tw/FB/blog)
講座プロデュース、グループワーク進行、講座アシスタント

有限会社アウトライヴ/FB
★小林邦人(Tw/FB/blog)
グループワーク進行、講座アシスタント

Enterprise Business Consulting/FB
★佐藤敏英(Tw/FB/blog)
グループワーク進行、講座アシスタント


【デザイン】ななはちグラフィック/FB
★七尾 圭(Tw/FB/blog)
開催チラシデザイン、WEBキャラクターデザイン

【印刷】株式会社大成企画


【事務局】
茅ヶ崎TMO事務局
茅ヶ崎商工会議所/FB
担当:山上(Tw/FB)・ 深田(Tw/FB/G+/blog)・渡邊(Tw/FB)
〒253-0044 茅ヶ崎市新栄町 13-29
電話 0467-58-1111 FAX 0467-86-6601



HP制作講座チラシ2013a.png
チラシのダウンロードはこちらLinkIcon





・茅ヶ崎TMO
・茅ヶ崎商工会議所

〒253-0044
神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-29
TEL: 0467-58-1111
FAX: 0467-86-6601
メール:soudan@chigasaki-cci.or.jp